クリンクリン

クリンクリン

クリーニングのあとにそのまま預かりサービスがある

クリーニングといえば自分で持っていて、きれいにしてもらってまた自分で取りに行き、自宅で保管するというのが一般的ですが、最近では預かりサービスを行っているところがあります。これはクリーニングに持っていくと、きれいにしてもらえ、そのまま保管してもらえることができ、また次のシーズンその服が必要になるまで預かってもらえるというものです。かさばるコートなどの洋服を預かってもらえると自宅のクローゼットやタンスなどがすっきりするというメリットがあります。服がたくさんあってもすっきりと収納することができるので部屋がきれいになります。また配達してくれるというサービスがあるところもあるので、かさばったり重い服を持って帰る必要がありません。そろそろ着ようと思う季節になると宅配便で洋服が届くということはとても便利です。ただクリーニングするだけではなくこのようなサービスも利用するということを検討してみることをおすすめします。

衣類のクリーニングだけでなく預かりもできる所

衣類品の汚れやシミを取り除くために利用するクリーニング専門店では、洋服の収納に困っている人に対して、衣類品の預かりを行っている所があります。衣替えといった忙しくなるシーズン以外に専門店のラックを利用し、最大9ヶ月程度預けられるサービスを展開しており、専用のキットに衣類品を入れて送るだけで、送料や保管料、染み抜きのサービス費用が無料になる特典があります。冬物は3月から11月まで、夏物は9月から翌年の5月までを対象としており、撥水、防虫、防カビ、長持ち加工といった追加オプションがついています。料金は期間を問わず5着から30着まで揃っており、10着が8,000円未満でオプション追加で13,000円程度、専用の送付キットに数百円かかります。配送に期間制限がありますが、コンビニからでも送付可能な店舗もあります。注文は電話やインターネット、直営店があるエリアなら持ち込みができ、代金引換、クレジットカードの他、後払いも可能です。

pickup



Last update:2019/8/1

『クリーニング 衣類』 最新ツイート

@smartnews_ja

衣替え時期に必見! 冬物衣類の上手な洗い方&しまい方 [洗濯ブラザーズ直伝] 大切に着たいシーズンごとの服を、お手入れしてからしまう、それが“しまい洗い”。クリーニング店ではなく、家で洗う“しまい洗い”こそ、冬物はきれいになりま… https://t.co/4guEkt4Sqm

3時間前 - 2020年03月30日


@angel_attack17

@yukitarou05 贅沢だなぁとは思ってるw 日本の洗剤や洗濯機はかなり優秀なので大抵の物は自宅で洗えるので😀 ただ仕上がりに関して言えば…クリーニングにお任せするほうが何倍もキレイだし、衣類に合わせて洗い方を変えてやってくれるんでね💦

7時間前 - 2020年03月30日


Last update:2017/1/24


PAGE TOP

COPYRIGHT(C)2015 クリンクリン ALL RIGHT RESERVED